1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. 口腔内カメラの原理と構造
口腔内カメラの原理と構造

 皆さん、こんにちは、歯科販売.comの担当者、ちょうきんです。

 
最近、ちょっと涼しくなりましたよね。町に長袖の服を着る人を時々見えます。
 
朝、早く起きて、スーパーで買い物に行きましたとこと、何かお菓子を買おうと思って、しかし、体に良くないし、金がかかるし、やめました。最後、野菜や桃をちょっと買ってきました。やっぱり、体が大切ですよね。
 
 
 
話題を変わり、
 
 
今回は口腔内カメラの原理と構造について、皆さんに紹介します。
 
歯科用カメラは歯科治療で非常に重要な役割を果たして、診断と治療を効率的に向上させるだけではなく、科学技術の進歩と言われてみいいです。
 
 
 
医療技術とデンタルカメラの合わせで、現在は、外科診療の主要な方法となりました。一方、口腔内カメラは少しずつ改善しています。例えば、コードつきの面倒で、無線制御のカメラもありますね。それだけではなく、小さくて、便利なwifiつきの歯科用カメラもだくさんがあります。例えば、中国メーカー製造した「口腔内カメラCF-682 」がUSB接続するだけではなく、内蔵WI-FI機能で、カメラの画像を携帯電TabletPC、WindowsシステムのPCに同時に送信することができます。
 
 
 
これから、口腔内カメラの構造特徴、原理とビデオ処理システムに関して、紹介します。
 
 
1、構造
主な部分は高輝度LEDライト、CCD イメージセンサ(固体撮像素子のひとつで、ビデオカメラ、デジタルカメラ、光検出器などに広く使用されている半導体素子である)、ビデオキャプチャ処理システムからなります。CCDイメージセンサは歯に対して、直接に撮像して、伝送信号ケーブルイメージセンターに伝送します。
 
 
 
 
 
2、原理
LEDライトを検査の部位に照射してから、測られる物体がCCDフォト面に結像してCCD光信号を電気信号に変換してから、ケーブルで、ビデオプロセッサに伝送します。内部のシステム処理によって、コンピューターディスプレイやモニターに表示されます。
 
 
 
 
 
3、歯科用カメラのオススメ
 
口腔内カメラCF-682 」は3.0メガ画素の高解像度イントラの口腔内カメラです。6個高輝度のLEDライトを内蔵して、そして、使用寿命が長く、最近、メーカーは新製造した高品質歯科治療用器具です。
 
 
弊社はそのような歯科 内視カメラ 通販直接に代理して、価格が安く、各歯科医院や歯科クリニックの導入、大歓迎です。
 

【弊社は今、歯科ブログを書くライターを募集しています。3年以上の経験者、大歓迎!!】

 
———————–会社情報———————-
 
ショップ:歯科販売.com
本社所在地:〒400013 E-1-2B Yinzhong Building, #160th NO.1 Zhongshan Road, Yuzhong District, Chongqing, China
 
担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
メール:shikahanbai@outlook.com
 
事業内容:ホワイドニング機械専門店、歯科医療用品、機器、材料代理
 
URL先:http://www.shikahanbai.com/
Share
次の編:歯科タービンのヘッドの選択
前の編:【歯科タービン】ベアリングの手入れ対策

相関商品