1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. 歯のケアに関して、どこまで知りますか
歯のケアに関して、どこまで知りますか

 皆さん、こんにちは、歯科販売.comの担当者、ちょうきんです。

 
立冬を迎えいよいよ朝晩の冷え込みも本格化してまいりました。お風邪など召されませぬようお気を付け下さいね。
 
調査によると、現代人は歯のケアを大事にしますが、しかし、多くの歯のケアに関することをまた、あんまり了解しませんでしょう。今回は、それについて、説明いたします。
 
1、酸っぱい物は甘い物と同じように、多く食べると、歯に損害します。
 
ご周知のように、甘い物、例えば、ケーキ、ライスクリームなど、多く食べると、虫歯になる可能性があります。一方、酸っぱい物のpHが低すぎると、歯を軟らかくなります。例えば、酸っぱいキャンディー、ジュースなど、それらの物を食べ過ぎると、歯のエナメル層が壊れられます。歯は少しいずつ小さくなります。特に、クエン酸が歯の天敵です。しかし、適当に摂取するなら、大丈夫でしょうね。
 
 
2、エナメル質は体内で最も硬い物質ですが、剥がれやすいです。
 
歯には、エナメル質や象牙質、歯髄、セメント質などいくつかの層があり、その歯の一番外側で表面を覆っているのがエナメル質です。虫歯から歯を守るバリアの役目を果たしています。
 
一番硬い層といっても、食事などの際に咀嚼した食べ物によって小さな傷がつくようなことはよくありますが、歯の表層部分は再石灰化を繰り返しているため、エナメル質は毎日、自然に修復しています。しかし、再石灰化によるエナメル質の修復によって、すぐに元通りに再生するわけではなく、修復できる範囲にも限界があります
 
そして、エナメル質がはがれてしまう原因が様々です。歯磨きの仕方が悪いこととか、歯ぎしりとか、だから、日々の虫歯予防を行った上で歯のエナメル質もケアしますね
 
 
3、フッ化物が多すぎると歯に害があります。
 
ご存知のように、フッ化物が歯の健康に大切です。しかし、8歳未満、あるいは8歳の時の子供は歯が成長時期中で、この時、フッ化物を大きすぎ摂取すると、スポットブロットを患う可能性が高いです。
 
それに、フレークルが歯の表面に存在しなくで、歯の裏です。医者さんでも、このフレークルを除去しにくいです。だから、歯磨きの時、歯磨き粉の量が豌豆の大きさより小さい方がいいです。
 
 
4、歯垢(プラーク)のつきやすいところ
 
 
「歯と歯の間」、「歯と歯ぐき(歯肉)の境目」「かみ合わせの面」などは、歯垢(プラーク)がつきやすいところです。ハブラシの毛先を届かせるように意識して歯磨きしましょう。また、歯垢(プラーク)が残らない様に、歯磨きで気を付ける歯や順番を決めておく事もポイントです。
 
 
以上です。
 
もし、弊社の歯科 治療 器具にご興味がれば、お問い合わせくださいね。
 
 
【弊社は今、歯科ブログを書くライターを募集しています。3年以上の経験者、大歓迎!!】
 
———————–会社情報———————-
 
ショップ:歯科販売.com
本社所在地:〒400013 E-1-2B Yinzhong Building, #160th NO.1 Zhongshan Road, Yuzhong District, Chongqing, China
 
担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
メール:shikahanbai@outlook.com
 
事業内容:ホワイドニング機器専門店、歯科医療用品、機器、材料代理
 
URL先:http://www.shikahanbai.com/
 
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです^^
Share
前の編:ホワイトニング導入する前に、これらの質問をお問い合わせたいですか