1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. ケミクレーブとオートクレーブの違い
ケミクレーブとオートクレーブの違い

 皆さん、こんにちは、歯科販売.comの担当者です。

ご存知のように、近年、歯科院内の感染問題について、歯科界だけではなく、多くの人から注目するようになりました。

 

それに応じて、多い歯科医院は院内感染を防ぎ安心して治療を受けるよう、様々な減菌機器を導入しました。しかし、歯科医院で使用する器具、装置には様々なものがあるので、その材質に応じた消毒・滅菌方法が選択されるでしょう。

 

もし、これらの減菌機器を正しく分別して使用しないと、歯科器具の減菌はやばいことにまりましたね。

 

減菌機器と言うと、ケミクレーブとオートクレーブが主流ですね。ケミクレーブを使う医院があれば、オートクレーブを使う医院もあります。

 

しかし、両者減菌の違いところがありますか。

 

今回、それについて、説明したいと思います。

 

その前に、タービンの減菌について、了解したいなら、下記のブログをお勧めます

 

歯科タービン、洗浄減菌消毒の標準操作流れ【ある医者さんの経験談】

 

タービンの滅菌の必要性と流れは

 

 

1、オートクレーブによる滅菌

 

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)は水道水と蒸留水を用いて高温・高圧により減菌を行います。コストが比較的に低いで、現在、多くの歯科医院で導入されています。

 

欠点として、器具の材質によっては、錆を発生させることがあります。しかし、普通、ミラー、ピンセット等の減菌が大丈夫です。

 

先言ったように、滅菌には水道水や蒸留水を用います。

 

蒸留水を用いる場合にはランニングコストは高くなります。

 

水道水を用いる場合には、定期的に内部をクリーニングする必要が出てくる場合もあります。

 

 

 

2、ケミクレーブによる滅菌

 

薬品(アルコール)を使用し、高温、高圧で減菌する機器です。コストが高いので、導入した歯科医院が少ないでしょう。

 

通常のオートクレーブ歯科(滅菌器)と比較すると、水の代わりにアルコールを使用しておりますので乾燥の必要がなく、器具が痛みにくい・錆びにくいというメリットがあり、一部プラスティックを除いてはほとんどのものが滅菌可能です。

 

以上でございますが

 

もし、両者とも使用したことがある歯医者さんは他の違う点があれば、コメント、お願いします。

 

もっと歯科医 器具を了解したいなら、歯科販売.comのカスタマーに連絡してくださいませ。

 

———————–会社情報———————-

 

ショップ:歯科販売.com

本社所在地: Chongqing, China

 

担当者:ちょうきん

連絡先:Tel:0086-023-62535604

メール:shikahanbai@outlook.com

 

事業内容:ホワイドニング機械専門店、歯科医療用品、機器、材料代理

 

URL先:http://www.shikahanbai.com/

Share
次の編: 超音波クリーナーに関しての、効果的な使い方
前の編:5倍速はもっと歯医者に受ける理由

セール商品