1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. エアースケーラーについて
エアースケーラーについて

 皆さん、こんにちは!歯科販売.comの担当者です。

 
最近、天気がだんだん暖かくなりましたよね。
 
週末になったら、友達と一緒に、山登りや、公園へ散歩に行きましょう。
 
早速ですが、今回、エアースケーラーについての話ですね。
 
主に、

1、エアースケーラーの原理

2、エアースケーラーの用途

3、エアースケーラーの欠点と利点
 
 
 
 
一、原理
 
エアースケーラーとは、歯根面に付着した歯石やバイオフィルムなどを、空気圧で振動させて除去する歯科医療用機器です。原理は圧窄空気で発生するエネルギーを回転力に変えて、これをハンドピース内で振動に変換することです。機種によって、さまざまな方法で振動に変換しています。
 
 
 
二、エアースケーラーの用途
 
エアースケーラーでは、超音波スケーラーと同じ理由で歯肉縁上の歯石の除去に適しています。また音波の振動を利用して歯内療法にも応用されています。歯石の除去以外に、窩洞形成や根管洗浄にも使用されることがあります。
 
 
 
 
三、エアースケーラーの欠点と利点
 
 
欠点として
 
 
①超音波スケーラーの振動数が毎秒約25000〜40000回であるのに対してエアスケーラーでは毎秒約2500〜6500と低いため、歯石を除去する能力は多少超音波スケーラーに劣ります。
 
②作動時の注水の面で、それは治療する時、必要とすることで、エアースケーラーは超音波スケーラーより、劣ります。
 
③超音波スケーラーとエアースケーラーの振動数の違いから超音波スケーラーに見られるようなキャビテーション効果はなく、直線的振動による効果のみのため超音波スケーラーに比べるとエアースケーラーの仕事率が低いです。
 
 
利点として、
 
①超音波スケーラーより、痛みが小さいと感じます。
 
②超音波スケーラーの磁歪型はペースメーカー使用の患者には禁忌であり、電歪型もペースメーカーに影響があるといわれているという点エアースケーラーは、ペースメーカー装着の患者に対して安全であるといえようです。
 
③スケーリング後の歯面の損傷で、超音波スケーラーのより、エアースケーラーが小さいです。
 
 
 
以上でございます。もし、ほかの歯科器具、エアタービンハンドピースを了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃいませ。
 
 
-----------------会社情報---------------
 
ショップ:歯科販売.com
本社所在地: Yuzhong District, Chongqing, China
 
担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
    メール:shikahanbai@outlook.com
              
事業内容:セルフホワイドニング照射機販売専門店、歯科医療用品、機器、材料代理
 
URL先:http://www.shikahanbai.com/
Share
次の編:子供の虫歯予防について
前の編:エアータービンとマイクロモーターを簡単に比較

相関商品