1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. これらのことを気付きないなら、歯が黄色くなりやすい
これらのことを気付きないなら、歯が黄色くなりやすい

 皆さん、こんにちは!歯科販売.comの担当者です。

 
「私だけどうしてこんなに歯が黄色いの?」と、笑顔に自信が持てなくなります。
 
白い綺麗な歯を手に入れるには、何をすればよいのでしょうか?
 
今回、歯が黄色い原因と対策について、説明いたします。
 
黄色い原因は、もともと着色や変色により歯が黄色くなります。日常生活に、どんな原因で、歯が黄色くなりますでしょうか。
 
 
1、色の濃い飲食物が好き
 
色の濃い食べ物や飲料をよく摂ると、色素(ステイン)が歯に付き黄色くなります。
 
特にコーヒーを毎日飲む人などは、黄色い着色汚れが強くなってしまいます。
 
コーヒーの以外に、紅茶、カレーなども着色しやすい食べ物です。
 
従って、これらのものが好きな方、摂り過ぎにはご注意ください。
 
 
2、歯石ができた
 
 
ブラッシングがうまくできずに、歯並びや奥歯、歯の裏側など、届きにくい場所は歯垢がたまりやすく、やがてそれは歯石となってしまいます。
 
歯石が歯に付着すると、とても汚く見えます。また歯だけでなく、歯茎も腫れてくるためより汚く見えたりします。
 
歯周病になる原因になるので、より注意が必要です。
 
もし、歯石ができたら、歯科医院に歯科 スケーラーで、行いますね。
 
以上が歯磨き不足で歯が黄色くなる原因で、実は、歯磨きのし過ぎで歯が黄色くなります。
 
例えば、粗い研磨剤が入った歯磨き粉で磨いていると、少しづつエナメル質が削れて薄くなり、黄色い象牙質が透けて歯が黄色くなってきます。正しいブラッシング方法を知ってもらう必要があります。
 
 
3、タバコを吸う
 
男性にとって、タバコによって、歯が黄色い原因がよくあります。
 
おまけにタバコは臭いもキツイため、周りに不快な印象を与える原因になります。
 
 
4、口の乾燥
 
口が乾燥すると歯に着色がみられるようなります。 これは唾液による「洗浄効果」が弱くなるためです。
唾液が少ないと、歯の脱灰化が進みやすくなるので歯に傷がつきザラザラ面になります。このことが、着色しやすくします。
 
 
では、どんな対策で、歯を白くなりますか。
 
「歯が黄色いから白くしたい!でも、ホワイトニングは高そう…。」なんかやめましたね。
 
しかし、今、外部原因による着色はホワイトニングを行うことで白くきれいな歯にすることができます。それに、費用がやすくて、簡単でございます。
 
ところで、サロンに行く時間がない、忙しい人にとって、自宅ホワイトニングがベストですね。
 
歯科販売.com(www.shikahanbai.com)で自宅用のホワイトニング照射機を購入して、1週間程、手に入れます。それから、楽にホワイトニングすることができますね。
 
もし、もっと自宅用のホワイトニング照射機と使い流れを了解したいなら
 
下記のブログをご覧下さいませ
サロンに行かなくても、効果的に歯のホワイトニングできる!
 
 
自宅用のYS®ホワイトニング照射機YS-TW-A(1)の使用流れ
 
 
 
それ以外に、弊社は自宅に適用な卓上型のホワイトニング照射機もあります。
 
例えば、KC®歯科ホワイトニングLED照射機KC568(デスク型)やYS®歯科LEDホワイトニング照射機YS-TW-T1(ブルー&レッドライト付き、卓上型)など。
 
もっと歯科医療器具販売情報を了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃいませ。
 
 
-----------------会社情報---------------
 
ショップ:歯科販売.com
本社所在地: Yuzhong District, Chongqing, China
 
担当者:ちょうきん
連絡先:Tel:0086-023-62535604
    メール:shikahanbai@outlook.com
              
事業内容:セルフホワイドニング照射機販売専門店、歯科医療用品、機器、材料代理
 
URL先:http://www.shikahanbai.com/
 
Share
次の編:歯科タービン減菌の大切さ
前の編:スケーリングに関してのこと

セール商品

閉ヒる
メニュー