1. ホーム
  2. 歯科情報
  3. 歯科機器の情報
  4. 子供の虫歯予防について
子供の虫歯予防について

 皆さん、こんにちは!歯科販売.comの担当者です。

 
最近、「ご入園、ご入学、おめでとうございます」という話をよく言いましたよね。
 
この春初めて集団生活に入るお子さんにとっては憧れ、また、不安も多いですね。
 
それと、アレルギー性鼻炎、溶連菌感染症、手足口病などの病気に気をつけくださいね。
 
今回、子供は虫歯になりやすい原因と予防法について、説明いたします。
 
原因として、
 
①エナメル質が薄い
 
大人であれば、固いエナメル質で歯がコーティングされていますが、子どもの乳歯はそれが薄く永久歯の半分ほどの厚さしかあるため、いったん虫歯になると、すぐに進行して神経まで達してしまいます。
 
 
②乳歯は神経の割合が大きい
 
乳歯は永久歯と比べて、神経が占める割合が大きいです。生えかわりの際に乳歯の根を溶かす作用をするため、一度虫歯が進行して歯が溶けだすと、神経に達するのが早く、痛みも出やすくなります。
 
 
③奥歯に汚れがたまりやすい
 
大人でも、子供でも、奥歯は汚れがたまりやすい部分です。特に子どもはあごが小さいため、歯ブラシがなかなか届きづらいだけでなく、奥歯の表面に小さなミゾがたくさんあるという、汚れがたまりやすくなっています。お父さんお母さんがそばにいないと、自分がきれいには磨けませんね。
 
 
 
予防法として
 
①フッ素を上手に取り入れること
 
フッ素は虫歯菌の活動を抑えること、溶けたエナメル質の修復に役に立ちます。こういった働きがあるので、唾液とフッ素の力で歯の強度を高めていく事が重要になってきます。
 
 
 
②しっかり歯磨きをすること
 
小さいお子さんは、よく歯磨きを嫌がるケースがあり、親御さんも手がかかる為に入念な歯磨きを諦めることが少なくありません。しかし、それは大切です。
親子で歯磨きを行えば、しっかりと歯磨きできると思います。
 
 
③甘い食べ物をむやみにできるだけ与えないこと
 
お菓子の中でも、特に糖分が高く溶けやすいチョコレートには要注意します。子どもの将来を考えて、親御さんがグッと我慢をすることが大切です。
 
もし、ほかの器具、歯科 エアータービンを了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃ
Share
次の編:コントラのカートリッジ交換
前の編:エアースケーラーについて